読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間ドック怖い日本史ね

 

ああ

 

人間ドック引っかかった

 

5項目も

 

病院で名前呼ばれた時が緊張のピーク

 

脈が速くなって

 

動悸がして

 

今にも気絶しそうだった3日間

 

やっとの思いでたどり着いた

 

土曜の朝の診察室前で待っている顔は

 

真っ青だっただろう

 

ほんとに気が小さいね、僕は

 

なにが青春の輝きだ

 

あの頃の自分が今の姿を見たら

 

悲しくて悔しくて

 

歯がゆい思いだろうよ

 

あの頃の俺

 

耳と指先で踊る

 

春草と深い湾の湿った風が

 

吸い込む煙草の煙とまじりあって

 

究極のブレンドで鼻を抜けていく

 

春の宵

 

耳の後ろあたりが冷えてきたけれど

 

もうしばらく窓は閉めないでおく

 

夏の宵も良いけれど

 

未完成で病み上がりな心もとなさは

 

春だけのものだ

 

走りたい

 

煙草を吸いたい

 

春の宵だ