ついにゴールド免許になりました\(^-^)/

 

f:id:lafhr188:20170410150341j:image

 

真剣な話、足かけ15年でした。

 

一度目は4年半経過したところで、一時停止見落とし。

 

二度目も4年半経過したところで、こんどは運転中電話。

二度目なんて、まだ信号待ちの間なら通話しても良いなんて思ってましたから。

 

もちろん、安全のために取り締まってくれているわけだから文句はまったくありません。ただ、やっと手にできた喜びと、少しの達成感がありますね。

 

あ、わかりますか?

そうなんです。大学を中退した経験のある僕は、長年の努力が報われるというシチュエーションや、何年かおきの節目自体を渇望するある種のコンプレックスを持っています。

 

したがって、5年ごとの運転免許更新や、その時に良い評価をされる(ゴールド免許になる)と、失われた過去が満たされる気がするのです。いや、実際に満たされる。

 

それを味わいたいがために、わざわざ資格を取りに行ったりということはしません。

生きていく過程で自然に訪れるそれを渇望しています。

 

節目って素敵だな、褒めてもらえるって素敵だな、って、帰りの風は暖かくて緑色で、すべてが一新されたような気持ちになります。

 

あれ、僕はもしかして国家権力に認められることを喜ばしく思う体質なのでしょうか?

小学生の頃に先生に褒められて喜んでいたのと、何もかわらないなあ・・・。

高校受験(進学校だった)に受かったときもそうだったなあ。あれが僕における、最後の「頑張った結果としての成功体験」だったなあ。

 

普段なかなか感じられないことですが、生きていることを実感したり、高校の頃の彼女と花畑を歩いたキラキラした時間が思い出されるくらい、不思議な時間でした。

 

春は何かと心騒がしい季節ですね。

 

ま、半日で我に帰りましたが・・・(苦笑)