読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の仕事に未来がない

 

と断定的に書いてしまいましたが、まあ、その通りです。

 

35~40歳までは、若いころより少しお給料が増えたのと、社内での立場が少し変わったため、いわば勘違いをしてしまって、経済的にも精神的にも、先の先まで考えるのを後回しにしていました。いや、後回しという意識すらなく、もう再考しないでよいものとして、どこかへ“しまって”いました。

 

ところが、40歳をすぎると劇的に(悪いほうに)変化しました。世の中のありとあらゆることが心配になりまして。なにが言いたいかというと、自分の限界が見えそうになって悪あがきを始めた、ということです。

 

今の仕事をリタイアするまで続けたとして、果たしてやりがいを感じられるのか、自尊心を保てるのか、経済的には大丈夫か、など、価値観の変化とともに心配ごとが増えてきたわけです。

 

自分には、昔から誰にも言わずに夢見てきた職業が、いくつかあります。その中でも最もやりたいことに対する準備というのを、今になってやっと(少しづつですが)始めました。しかし、遅々として進みません。

 

こういった不安や夢について語り合える相手がいればよいのに、と思うようになりました。もちろん、酒のつまみのような話を期待しているわけではありません。

 

万能感と焦燥感と諦観が、入れ替わりで訪れます。

 

僕は心が強い(鈍感)みたいで、精神的に参って生活に支障をきたすまでにはなっていません。しかし、そういうことを考えてしまう事で、人生を少しずつ蝕まれている、残された時間を無駄にしている、という実感はあります。

 

こうやって文章にしただけで解決した気分になってはいけない、今やろうとしていることを地道に(愚直に?良い言葉が見つかりません)続け、“ただくよくよするだけでなにも生まない”という時間と決別するしかないと思っています。

 

自分の力を信じることが何よりも大切なんだと思います。