現実が夢に喰われて

 

真昼間に、仕事をしながら、夢で起こった出来事を現実のことのように心配している。

 

しまいには、自分が心配していた事が夢の中での出来事だったのか、

 

それとも、現実だったのか、

 

そもそも、なんだったのかさえ

 

わからなくなる。

 

そんな混乱に紛れて、現実に起きた重大な出来事を僕は忘れてしまってはいないかと

 

とても不安になる。

 

でもそれらは決してすぐには僕の意識の中には戻ってこない。