失業中なら

 

失業中ならぜいたくは言わないだろう。

 

まずは定職に就きたい、そしてまい月決まったお給料をもらいたい。

 

少し余裕が出てきたら、欲しいものを買いたい。

 

その仕事の中でそれなりの地位を得て、やりがいも感じたい。

 

そう思うだろう。

 

だけどいまの会社で10年以上。

 

とても小さい会社だけどそれなりの役職にも就いて収入も安定した。

 

将来性はと訊かれると決して安泰ではないけれど、

 

仕事のなかった30歳のころの僕からしてみれば僥倖だ。

 

当時のこころもちには戻れない。

 

自ら選んで失ったものも少なくない。

 

その爪痕は今も残っていて、夢でうなされることもしばしばだ。

 

僕はどこからきてどこへいくのだろう。

 

有限な人生の中で、A地点とB地点を行ったり来たり。

 

今はB地点だけど、いつA地点にもどるかもわからない。

 

C地点はどこだ。