中途採用面接にて

 

採用面接に、面接官として立ち会う。

 

うちはいわゆる中小規模だけど、中途採用に応募してくる人たちの輝かしい学歴に(純粋に)驚く。

 

そして、彼らの現職での冷遇にも。

 

以前うちの若い社員が、「みんなが思い通りの仕事に就けるとは限らないですからね」と言っていた。

 

学歴が(ある程度は)将来に影響することを親や教師から教えられていた。

 

それでも勉強しなかった僕らは仕方ないにしても

 

そして輝かしい学歴の若い人から金の卵をみつける人事担当の眼力がすごいとしても

 

やはり時の運もあるのだろう。

 

そこでボタンを掛け違えた(と感じている)若い人は、いったいどうやってリカバリーするのか?

 

僕自身はまったく違う出自だから、そんな人たちの気持ちの奥底はわからない。

 

でも、面接ってホント茶番だなあ、と思います。

 

退職理由とか志望理由とか、どうでもいいけど訊くんですよね。

 

だって本当の事いう人はいないでしょう?

 

ま、それも最低限の準備をやってきているか?の確認のために必要なんだけど、

 

ありきたりなのに長いのは正直聞いててしんどい。

 

僕は、3流大学中退の自分大学卒業、転職歴多く(今の会社は長い)、歯の治療後も多い。

 

 ところで、関係ないけど、母校の門をくぐれるか?と訊かれたら、今はまだいい。

 

いつか。