【趣味の時計談義(浅い)】BALL クリーブランド・エクスプレスのベルト交換

以前、お店のキャンペーンでもらったモレラートのグットゥーゾのネイビーは、長期在庫だったのか、一年も経たないうちに定革が切れました。私の使い方も乱暴だったのかも知れません(画像が残っていたので参考まで)

 

青×青なので失敗する訳もない無難な組み合わせなのはわかっていますが、今見ても良いと思います。

f:id:lafhr188:20170319121749j:plain

 

定革が切れてからはBALL純正アリゲーターベルトに戻し、出番も減っていました。

 

しかし、保証期間内で無料だったこともあり遅れの調整に出すと、ピカピカになって帰ってきました。自分でも手入れする方ですが、あそこまで綺麗にはできません。

 

そうなると使いたくなります。ただ、よれよれだった黒の純正ベルトはどうにかしたかったので、定革切れの経験はあるものの、お世話になっているお店が取り扱っているモレラートで選びました。

 

「普段使い時計」と

「勝負パンツ代わり」は別の時計が加わったので、鉄道時計の血が流れているとは知りながら、今回のベルトはハズした感じで行くことにしました。

 

最初は(以前ネットでその組み合わせを見たことがあった)艶ありの白のアリゲーター型押しを考えていました。しかし、取り寄せてもらってあてがうと、これじゃない感。

 

もっとハズして思いっきりカジュアルに振った方が却って良いと思い、セリーヌ(パイソン)を取り寄せてもらい、再度お店に。

 

正直、文字盤の青との相性は自分でも???です。でも、パイソン柄は自分らしくない(=よくいえば自分らしさから脱皮できる、蛇だけに?)ので思いきって決めました。

 

やはり、私の手首周りでは、奥から二番目の穴を使いますし、馴染んできたら一番奥でしょう。ベルトを傷めないためにDバックルを注文したのですが、それを使うと少し緩めになると聞きます。後加工で不細工な穴を開けることになるかもしれませんが、その時は仕方ありません。

 

にしても、鉄道時計というバックグラウンドさえなければ、この心の引っかかりのようなものは生じなかったのでしょうが・・・そこだけはまだモヤモヤしてしまいます。青文字とパイソン柄の違和感は、正直、半日で慣れました。しばらく仕事(外出しない日だけ)で使ってみます。

f:id:lafhr188:20180909202050j:plain

PENTAX Q7 02 STANDARD ZOOM マニュアル(レタッチしています)