【趣味の時計談義(浅い)】BALL クリーブランド・エクスプレスのベルト交換(続編・・・カミーユフォルネDバックル)

さて、注文していたDバックルが届きました。カミーユ・フォルネです。

 

見える部分に筆記体のロゴが入っている旧タイプに期待していましたが、届いたのはロゴなし(着けると見えないところにはアリ)でした。

 

交換はお世話になっている時計屋さん。開店前に店を覗くと店員さんが見えたので、預けて東急ハンズへ。

 

30分後に取りに行くと交換完了していました。

 

結論から言うと、慣れるまで脱着しにくいです。ユーザーインターフェイスの面では一般的な二つ折りタイプの方が使いやすいと思います。

 

ただ、作りが良い(華奢なのにガチャガチャ感がなくて精度の高さを感じる)ため、交換した満足度は高いです。私にとって、腕時計ってそういうものなので、OKです。

 

惜しむらくは、見えるところのロゴがなくなった事です。

 

でも、なぜ無くしたんでしょうか、正規のブランドロゴと書体が違ったから?

 

それから、これが元々の目的だったのですが、ベルトを傷めなくなりました。モレラートのセリーヌ(パイソン)は硬くて表面の鱗班が毛羽立つので、ふつうの尾錠だと使用頻度が高い方は傷みが早いと思います。

f:id:lafhr188:20180930163056j:plain

前からの画像は関係ないですが、せっかく撮ったので。青文字とパイソン柄の変な感じはもう慣れました。あまり見かけない柄なので、カスタマイズ感高いです。

f:id:lafhr188:20180930163049j:plain

 カミーユ・フォルネのDバックルの購入で悩んでいる方、素人目線のアドバイスなら出来ます。ご一報ください。

 

画像はPENTAX K5-Ⅱs + smc 18-270mm マニュアル + Macの自動補正です